Su*

散っても咲いてもさくらはサクラ

About  illust  log  Link 
<< April 2010 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ツツジ

ツツジと書こうとしてシジミと打ちそうになりました。 写真を撮るのは好きだけど、難しい(>△<*) 寒い日は続くけど、確実に季節は動いてると実感します。 色とりどりのツツジが綺麗だこと〜
- :: - :: by Aya

喜びの中のつらさ

そろそろ暖かくなってもいいと思うんだ。 これだけずっと寒い日が続くと なんだか心も凹むんだ。 あまり関係ないとは思うけど、 暖かい春に期待している自分がいて それが叶わなくてがっかりしてる。 期待が思うとおりにならないことなんて 山ほどある。 むしろ、思うとおりになることのほうが少ない。 私は毎年ほぼ日手帳という手帳を使っているけれど その手帳には毎日一日一ページ、いろんな人たちの 言葉が載っている。 ある一ページに載っていた言葉。 「生きる歓びというのは 生きる強烈なつらさと背中合わせなんだ」 岡本太郎氏の言葉。 日々、生きることにつらさを感じ始めている自分は リアルに猛烈に共感してしまった。 思い通りにならないことが多い中で それでも一歩一歩自分の中の小さい変化を感じながら 少しずつ歩いていく。 それでも 暖かい春が早く来てほしいと願わずにはいられないのだ。 ポカポカの暖かい日差しの中で ぽかーんと口をあけて新緑を楽しみたい。 強烈なつらさがあるからこそ 歓びがある。 だからこそ世界が美しいのかもしれない。 美しいと感じることが出来るのかも知れない。
- :: - :: by Aya

水天宮

先日、水天宮へ行って来ました。 水天宮といえば安産・子授けで有名ですが その祈願に行ったわけではなくて ずいぶん前に水天宮のお守りのようなキーホルダーを拾って 持ち主もわからぬままなぜか私が預っていました。 私のお守りではないお守りを持っているのもなんだか へんてこだし、ここは思い切って水天宮にお返ししよう! という考えにいたりまして行って来ました。 あいにくの雨でしたが神社へのお参りってちょっと気持ちがいいですね! 無事にキーホルダーもお返ししたし、良かった良かった☆ 安産祈願のワンコの親子の像。みんながなでなでするので 頭がつややかになってます。 かわいい(*´ェ`*)
- :: - :: by Aya

落ち込む日々

うお゛ーーーーーーっ と叫びながら走り出したい今日この頃。 叫びながらというのはちょっと抵抗があるので とりあえず走るだけはしてみたり。 すぐに息が上がって、召されそうになるので程ほどに。 ここのところ落ち込むことが多く 何かって言えば落ち込んでた。 女子の月に一度のあれの前だったらしくて お約束どおり精神的に不安定になるようだ。 そんなわけで始まっちまえば落ち込みは少しましにはなるが 腹イテェ。 なんて素直な私の身体。
- :: - :: by Aya

落書

今日は『3月のライオン』4巻の発売日だから、 買いに行くついでに散歩をしてきた。 普段はいつも同じコースを行ったりきたりしているので、 近所でも普段行かない場所をあえて選んで歩く。 道の脇にある傾斜にこれはスミレなのかなあ、小さい紫色の花が群れて咲いていた。かわいい。 他にも最初ぺんぺん草かと思ったんだけど小さい小さい花をつけた植物や オオイヌフグリなども咲いる。春は道端もにぎやかだ。 歩いていくうちに近くに大きい公園があることを思い出しそちらに行こうと、 横断歩道を渡るために赤信号で立ち止まったとき、ふと後ろ側に小さい階段があるのに気がついた。 確かここは、昔この辺に住んでいた子と遊んだことのある雑木林へ続く道では? 少し迷ったけれど、なんとなく気になるその小さいのぼり階段に近付きそちらの道を行ってみることにした。階段といっても木や砂利で作った大雑把なもので、枯れ枝や枯れ葉で埋め尽くされ普段あまり使われていない風な小さい階段です。 階段を上るたびにちくちくと不安が胸を刺してきます。 子供の頃遊んだその場所へ行くのに、なぜか不安な気持ちになる。 何か見てはいけないものを見つけてしまうのではないかという小さな恐怖。 私は子供の頃そこで何かあったのだろうか。 心当たりはまったくないのだけど。 子供の頃遊んだあの雑木林には人は誰もいない。 あるのは木と枯れ葉と枯れ枝が極めてナチュラルに配置されているだけ。所々にスポンジがほとんど掘り出されていて、ただの粗大ごみとなっているソファーだったものや何か入ったゴミ袋などが落ちている。 ますます不安になる。 途中大きな木があり、そこに紐がくくってありブランコのようなものが作ってあるのを見つけて少しほっとした。 ここで子供たちが遊んでいるのだ。私も子供の頃この林を遊び場にして遊んだことがあるのだもの。 だけどこの小さな林は遊んでいた当時から何処か物悲しげな影を感じる場所だったような気がする。人影もなく、ひっそりとしていてなんだかそこだけ別の世界のような気がしてた。何か得たいの知れないものが潜んでいるような不安。 私が何故林への道が気になってしまったのかわからないけど、不安を抱えたまま林の出口へ到着。怖いものも嫌なものも何もなくあったのは木とゴミと私の心の中の不安だけ。 子供の頃の根拠のない不安に決着をつけたかったのかな・・。 雑木林を抜けると、祖母のお墓の近くまで来ていることに気づいてお墓参りをすることにした。 そういえば今日だか昨日だか、祖母が夢に出てきていたのだった。私のことを心配してくれてるのかな。近いのにお墓参りもしない孫に「寂しいから会いに来て!」って言いたかったのかなあ。 実ははじめていくおばあちゃんのお墓参り。場所がわからなかったので母親に大体の場所を聞いてその場所へ行った。○○家と書かれたただの冷たい石の中におばあちゃんがいるわけではないけれど、でもやっぱり「会いにきたよ」って思っちゃった。おばあちゃんが会いたがってたんじゃなくて、私がおばあちゃんに会いたかったんだ。 おばあちゃんとの思いでも子供の頃のものしかなく、ずっと病院に入っていたおばあちゃん。 雑木林といいおばあちゃんといい、やはり子供の頃の記憶へ繋がっていく。 最近学生時代を振り返ることが多く、その行動の一環として今日の雑木林探索やお墓参りがあったのかも。 子供の頃の痛みに整理をつけて前にすすむときなのかな。
- :: - :: by Aya

私の通った小学校、中学校の通学路にはどちらも桜並木がありました。 春は桜のアーチをくぐりながら学校へ行くのです。 風が吹いたときにふわっと舞う桜の花びらがとても綺麗です。 そういえば、舞っている桜の花びらをキャッチできると 幸せになれると知って、大人になってからですが周りの目も気にせず 花びらをキャッチしようと飛び跳ねながら桜の花びらを追いました。 大人になってからと書いたけど、それでもかなり昔のことのように 思います。懐かしいなあ。 ・・・ 先日小さい公園に、普段もあまり人がいるのを見かけないほど小さい 静かな公園にお母さんと幼稚園くらいの男の子と 幼稚園前の女の子が三人で小さい小さいお花見をしているのを見ました。 男の子と女の子はちょこんと座って、コンビニで買ったような菓子パンを 食べていました。 その周りでカメラ抱えてあちこち動き回るお母さん。 桜を背景にどうやったらかわいい子供たちを写すことができるのかと アングルを探していたのでしょうか。 その光景がとてもかわいらしく、子供たちがおとなしく菓子パンを 食べながら座っていた姿が忘れられません。 春の暖かい陽気と暖かい家族って感じで。
- :: - :: by Aya

ソラニン

ソラニン』 観ました。 私は原作を読んでいないので、映画でしかわからないんですが 自分の持っているギターが劇中に使われているギターと同じ ムスタング(色は違うけど)だってことと 私も最近小さいながらもバンド活動も始めたので、 そういう意味で気になってた映画でした。 宮崎あおいちゃんも好き(*´ェ`*) 私には感情移入しづらく、好き!って言う映画では 正直なかったのですが、いつもへらへらして見せてる割には 実は本気で悩んでる登場人物たちは魅力的で良かったです。 途中おじいちゃんに泣きそうになりました。 ・・・ 映画とは関係ないのですがっ 私のバンド活動での担当はボーカルで、ギターではないんですが あおいちゃんの歌は良かった〜 私もあんなふうに歌えたらいいなあ。 ライブは一度だけ経験したけど気持ちのいいものでした。 うまい下手にこだわって自信がなかったけど 下手でも何でもいい、思いっきりやりたいというのを 目標に精一杯やりきったときとても気持ちよかった。 音楽っていいよね! 原作読んでみたくなったよ!
ソラニン 1 (ヤングサンデーコミックス)ソラニン 1 (ヤングサンデーコミックス)
(2005/12/05)
浅野 いにお

商品詳細を見る
- :: - :: by Aya

ダニー・ザ・ドッグ

やっとおなかの調子も整ってきた感じです。 父親が映画好きなので毎日一本何か映画を観ています。 私はそれほど映画好きというわけではないのですが 父親が観ている時間にいる場合にチラチラっと観たりします。 父親が好みなのはハードなアクションもので、大体痛そうだったり つらそうだったり、危険だったりピンチだったりしてみていて 疲れます(笑)感情移入しちゃうんだよ! そんな父親が今日観ていたのは 『ダニー・ザ・ドッグ』 こちらはハードアクションながらも 見終わったあとに心がほっとあったかくなる映画です。 子供の頃から殺人鬼として育てられ まるで犬のように扱われ心を失っていた主人公が、 少しずつ心を解きほぐしていくようなお話です。 傷ついた心を癒してくれるのは音楽や温かい食べ物 そして人のぬくもりだったりします。 主人公が少しずつ心をほぐしていくのと同時に 私の心も少しずつ癒されていくのを感じました。 何処かコミカルな部分もあり、突込みを入れつつ楽しめます。 主人公のダニー役のジェット・リーさんの ぎこちなく笑うところや人の優しさに戸惑うところが すごくかわいいです(*´ェ`*) 久々に観たけど、素敵な映画でした。
ダニー・ザ・ドッグ [DVD]ダニー・ザ・ドッグ [DVD]
(2009/06/19)
ジェット・リーモーガン・フリーマン

商品詳細を見る
- :: - :: by Aya

腹痛

冷えるせいか、ギューッとおなかが痛くなってます。 ここ最近胃腸の調子がよくなく 食後に吐き気を伴う気持ち悪さに襲われまする。 おなかは大事だね、まったく。
- :: - :: by Aya
1/1